子宮内膜症は漢方で治療しよう~生薬が決め手~

看護師

かかりつけ医へ通院しよう

医者

風邪やインフルエンザなどの治療をしてくれるところが内科です。世田谷区には心療内科や循環器内科の診断もしてくれる医院があります。大病院とも連携しているため、的確な処置を受けられます。

More…

命を救う手術

カウンセリング

くも膜下出血や脳内出血を引き起こしてしまう脳動静脈奇形は、すぐに手術を受けた方が良いです。症状のレベルによって手術内容が異なります。まずは、医師に診察をしてもらうことが先決です。

More…

発症率が高いがん

バスト

マンモグラフィと超音波で乳がん検診は受けられます。双方に特性があるため、病巣をしっかりと発見出来るものを選ぶようにしましょう。地域によっては検診を無料で受けられるため、足を運びやすいです。

More…

不妊の原因にもなる疾患

漢方

女性には生理というサイクルが体に備わっています。この生理の際に下腹部に激痛を感じる、いつもより出血量が多いなどの問題が起きていると、子宮内膜症を発症している可能性が考えられます。この状態を放置してしまうと不妊症になってしまうリスクもあるため、早期に治療を始めた方が良いです。医療機関での施術や漢方での治療など多方面から治すことが可能なため、自分に合った方法で改善しましょう。子宮内膜症は再発する可能性もあるため、慎重に経過観察をしなければいけません。

執刀施術を受けたくないと言う方は、漢方での治療が望ましいです。漢方なら飲むだけですので、体を切開する必要がありません。身体的負担を軽減させられるのです。漢方で改善したい方はエキス剤と生薬のことについて知っておかなければいけません。子宮内膜症に効果的なのは断然、生薬です。漢方の効能を壊すことなく抽出しておりエキス剤より効果を得られます。エキス剤はインスタントコーヒーのように乾燥させてから作られており、生薬より効果が劣ります。ですから、漢方は生薬が良いのです。

子宮内膜症が悪化するとチョコレート嚢腫まで出来てしまいます。巨大なものだと5センチ以上にもなってしまいます。痛みも悪化してしまうでしょう。ホルモン療養などをしても再発してしまう可能性が考えられるため、子宮内膜症は完治させたあとに予防をすることが重要です。漢方なら一度、治療をした方でも摂取可能ですから、子宮内膜症になりやすい方は予防として飲み続けましょう。