子宮内膜症は漢方で治療しよう~生薬が決め手~

病院

発症率が高いがん

バスト

乳がん検診は定期的に受けていた方が良いです。転移をすると命を落としてしまう危険があるからです。乳がんの検査はマンモグラフィと超音波の双方で行なえます。マンモグラフィは板のようなものに乳房を強く挟みます。人によっては強い痛みを感じることもあるでしょう。挟むことで病巣を見つけやすいですが、微量の放射能の影響がある点は把握しておきましょう。また、このマンモグラフィは若い患者にあまり向きません。若い方は乳腺が多いため、がんを見つけにくいからです。検査の前に医師と話し合ってどっちの方が効果的か判断をしてもらうようにして下さい。

超音波は手では分からないしこりを見つけることが可能なのです。また、痛みもないため比較的受けやすい乳がん検診です。しかし、医師の技量が求められるため、評判の良い医療機関で受診を行った方が良いでしょう。この2パターンで乳がん検診を受けて、早めの対処を図りましょう。日本人女性の20人中1人が乳がんを発症しやすいと言われています。自分がなってもおかしくないためしっかりと乳がん検診を受けて早期発見を心がけましょう。
乳がん検診は自治体や医療機関で受けられます。年代別で無料検診を行っている地域もあるため、そのようなハガキが届いた場合は予約をして下さい。期限や検診日が決められていますので、それ以内に受けることを心掛けるようにしましょう。軽度の場合は治療も比較的簡単に行なえますが、進行していると乳房を摘出しなければならない場合もあります。このような状態にならないようにするためにも、定期的に乳がん検診を受けるようにしましょう。