子宮内膜症は漢方で治療しよう~生薬が決め手~

病院

命を救う手術

カウンセリング

この世には非常に沢山の疾患があります。先天性のものもあれば、後天性のものもありそれに適応する手術を受けなければいけません。
先天性の疾患と言えば脳動静脈奇形です。この疾患は一部の毛細血管が枝分かれ出来ていないため起こります。くも膜下出血や脳内出血などを併発してしまうリスクがあるため、早急に手術をしなければいけません。日本にはこの手術を得意とする名医がいるため、その方に診察と手術をしてもらうと無事に治るでしょう。脳内の血管を手術しなければいけませんので、慎重かつ丁寧な手術が求められます。

体から血が出ていれば怪我したと分かりますが、脳動静脈奇形は外見の異変がないため見た目では気付かないことが多いです。脳に激しい痛みが表れた際に脳動静脈奇形になっていたと気づく方がほとんどです。しかし、その痛みはくも膜下出血や脳内出血を起こしているレベルまで相当しているかもしれません。頭痛や嘔吐、意識障害や運動障害などが表れるようになった方は、倒れる前に病院へ行き診察してもらいましょう。早期発見することで一命を食い止められます。

脳動静脈奇形はCTやMRI、血管造影などの検査で診断することが可能です。この検査方法なら出血をしてなくても脳動静脈奇形になっていないか一目で分かります。検査時点で出血を起こしていた場合は、脳動静脈奇形ではなくくも膜下出血や脳内出血という病名がつけられます。
治療方法は開頭や放射線、カテーテルなどの手術です。グレードによって手術方法は変わってくるでしょう。